昨日の勝利から一夜明けて、第2戦となりました。阪神が雪辱するか、それとも巨人がこのまま連勝するのか?
試合は初回からタイガースが2点を先制し、3回にも追加点を入れて3対0でタイガースがリードしていました。ジャイアンツも敵のエラーから小笠原選手のタイムリー、ラミレス選手の犠牲フライで2点を返しましたが、阪神がさらに追加点をあげ、一時は6対2とリードを広げられますが、7回に今季、見事に腰痛から復活を遂げた高橋由選手の2ランなどで、5対6まで追い上げます。さらに8回は阪神は抑えの切り札、藤川投手を投入し、リードを守ろうとしますが、2アウト後、亀井選手が四球を選び、再び小笠原選手が2ベース、2アウト2,3塁とした後、ラミレス選手が逆転の2点タイムリーを打って、ついにジャイアンツが逆転しました。その後も巨人は越智、山口両投手が踏ん張り、阪神に勝ちました。ジャイアンツファンの僕にとってはもう、忘れられないくらい嬉しい勝利です。
この勝利で、CS第2ステージ進出を決めました。相手はセ・リーグの覇者、中日ドラゴンズです。今季、ジャイアンツは中日にやられています。特にドラゴンズの本拠地ナゴヤドームでは全然勝てていませんが、この流れで中日も倒して欲しいです。中日にリベンジです。

メインメニュー

最近のニュースに関して一覧

携帯サイト