最近のニュースに関して一覧

一昨日、巨人が中日に負けて、2010年のシリーズが終わりました。
今シーズンは、後半戦から徐々に失速し、終わってみたら3位になっていました。
クライマックスシリーズ第一ステージは、阪神に勝ちましたが、第二ステージは中日に負けました。特に今年の巨人は、中日の本拠地のナゴヤドームでかなり相性が悪く、僕もイヤな予感がしていました。そして案の定、中日に先に4勝(アドバンテージの1勝を含む)されて、巨人の第二ステージ敗退が決まりました。
この悔しさをバネに、来年は覇権奪回をしてもらいたいです。
まだまだ拓さん(今年4月に急逝した故・木村拓也コーチ)と一緒に日本一という目標があります。

昨日の勝利から一夜明けて、第2戦となりました。阪神が雪辱するか、それとも巨人がこのまま連勝するのか?
試合は初回からタイガースが2点を先制し、3回にも追加点を入れて3対0でタイガースがリードしていました。ジャイアンツも敵のエラーから小笠原選手のタイムリー、ラミレス選手の犠牲フライで2点を返しましたが、阪神がさらに追加点をあげ、一時は6対2とリードを広げられますが、7回に今季、見事に腰痛から復活を遂げた高橋由選手の2ランなどで、5対6まで追い上げます。さらに8回は阪神は抑えの切り札、藤川投手を投入し、リードを守ろうとしますが、2アウト後、亀井選手が四球を選び、再び小笠原選手が2ベース、2アウト2,3塁とした後、ラミレス選手が逆転の2点タイムリーを打って、ついにジャイアンツが逆転しました。その後も巨人は越智、山口両投手が踏ん張り、阪神に勝ちました。ジャイアンツファンの僕にとってはもう、忘れられないくらい嬉しい勝利です。
この勝利で、CS第2ステージ進出を決めました。相手はセ・リーグの覇者、中日ドラゴンズです。今季、ジャイアンツは中日にやられています。特にドラゴンズの本拠地ナゴヤドームでは全然勝てていませんが、この流れで中日も倒して欲しいです。中日にリベンジです。

土曜日と日曜日は、甲子園球場でクライマックスシリーズ(以後CS)第1ステージがありました。
セ・リーグのペナントレースは優勝が中日、2位が阪神、3位が巨人でした。CS第1ステージは、2位と3位のチームが対戦し、先に2勝したチームが第二ステージに進めます。CS第1ステージは、2位のチームの本拠地で行われるので、甲子園球場が舞台です。甲子園での阪神ー巨人戦は、本当におもしろく、まさに伝統の1戦ですね。けど、巨人は甲子園球場では分が悪く、巨人ファンである僕も日本にいた頃は何回か阪神ー巨人戦を見に行きました。僕が見に行った時、巨人が負けてばかりの試合をみた記憶しかないように思います。そんな甲子園での試合ですので、勝てるか不安でした。けど原監督を始め、巨人の選手たちは開き直りで、失うものは何もない挑戦者の気持ちでぶつかって行きました。
土曜日は、巨人キラーである能見投手が先発してきました。この能見投手を攻略しない限り、ジャイアンツのCS第一ステージ突破はないだろうと思っていましたが、見事に攻略し、3対1でジャイアンツが勝利しました。未来のジャイアンツを背負って立つ坂本選手の同点ソロ、さらに小笠原選手の追加点タイムリー、投手陣もよく投げて、阪神のダイナマイト打線を抑えてくれました。

セ・リーグでは、中日ドラゴンズが優勝を決めました。
ジャイアンツが調子を落としていた頃、中日はどんどん上り調子で、首位が入れ替わりました。その後も中日、巨人、阪神と激しい首位争いを演じていましたが、巨人が水曜日に優勝の可能性が消えて、阪神がマジック8を点灯させていましたが、昨日阪神が敗れたため、中日にマジック1が点灯し、今日も阪神が敗れたために優勝がきまりました。
素直に中日にはおめでとうと言いたいです。僕の親父と弟が中日ファンなので、喜んでいるでしょう。クライマックスシリーズでは、絶対中日にリベンジしたいですね。何しろ今年はナゴヤドームでは巨人は中日にやられすぎですから。

昨日、パ・リーグの優勝が決まりました。
7年振りに、福岡ソフトバンクホークスの優勝です。
ついこの間まで、西武ライオンズがホークスに3、5ゲーム差をつけて首位でした、ライオンズは優勝マジック4が点灯していましたが、ホークスがヤフードームでライオンズとの直接対決で3連勝し、その後もライオンズが連敗して、ホークスが首位になり、昨日優勝しました。秋山監督になり、2年で優勝ですね。おめでとうございます。
ホークスは2004年(小久保選手がジャイアンツに行って以来)から優勝から遠ざかっていました。小久保選手は2007年からホークスに復帰していますが、優勝できずじまいでした。特に2008年シーズンで王監督最終の年は、最下位になったのもあり、今回の優勝は喜びも倍増といった感じだと思います。

メインメニュー

最近のニュースに関して一覧

携帯サイト